本文へスキップ

井戸川裁判(福島被ばく訴訟)を支える会

【次回、口頭弁論期日】福島被ばく訴訟 第7回口頭弁論 

日時:2017年7月12日(水)10時開廷
場所:東京地方裁判所103号法廷(大法廷)

※ 9時30分までにお集まり下さい
[内容]原発事故の未然防止と事故の責任を問う

■報告集会 11時〜
 場所:衆議院第一議員会館大会議室

1.原告、弁護団より口頭弁論報告。
2.特別報告『川内・伊方・高浜・玄海原発の稼動で 次の末期的大事故必至。井戸川裁判の意義を説く』(40分)

広瀬隆さん写真   著書東京が壊滅する日

広瀬隆さん

 

【報告】福島被ばく訴訟 第6回口頭弁論

日時:2017年3月22日
場所:衆議院第2議員会館

第6回口事前集会から報告集会までの動画

弁護団、原告の報告がされました。
弁護団報告では古川元晴弁護士より、原告第10準備書面(被ばく問題)等の資料解説。
事前集会から報告集会とユープラン三輪さんが動画をyoutubeへUPして下さいました。
ぜひ、動画をご覧ください。動画の最後に原告第10準備書面の要旨、 井戸川さんが双葉町長時に県知事へ宛てた文書等、資料の一部が画面から確認できます。


【新聞記事】

動画で古川弁護士が話している新聞記事は以下です。
2017.3.18(毎日新聞:古川元晴弁護士が群馬訴訟についてコメント)
「福島第1原発事故 避難者訴訟 原告、笑顔なき勝訴 識者の話」
http://mainichi.jp/articles/20170318/ddm/041/040/140000c

【週刊誌『女性自身』 4/4号】

また、支える会、共同代表の木村結さんより、傍聴の楽しみ方のアドバイスもありました。
今、店頭に販売中の週刊誌『女性自身』紹介されていますので、 ぜひ、書店、コンビニでご購入いただければと思います。
https://twitter.com/yuiyuiyui11/status/843958132686512128

正直、平日の傍聴者は多くありません。
ご都合が付く方は、井戸川裁判をご注目、傍聴支援をよろしくお願いいたします。

【報告】福島被ばく訴訟 第5回口頭弁論

日時:2017年1月18日(水)10:00〜
場所:東京地裁103号法廷

第5回口頭弁論報告集会の動画

【報告】福島被ばく訴訟 第4回口頭弁論 

日時:2016年 9月7日(水)10:00〜
場所:東京地裁103号法廷

井戸川克隆前双葉町町長の国、東電を訴える裁判へ注目され、多くの方が傍聴支援へ駆けつけて下さいました。
*法廷では原告側が上申書を提出。今口頭弁論では、弁護団による上申書説明後、事務手続きにて閉廷。

上申書の基本的な3つの主張】

1.東電及び国の『原発事故の未然防止に関する責任
2.東電及び国の原子力災害対策に関する責任(事故後の対応)
3.東電及び国の損害賠償義務

【報告会、講演会】

※口頭弁論後には、報告会、講演会を衆議院第一議員会館 大会議室にて開催いたしました。『井戸川裁判 福島被ばく訴訟』第4回口頭弁論期日、動画、記事をご参照ください。

【前半】
https://m.youtube.com/watch?v=q7SflvNvdEE

【後半】
https://www.youtube.com/watch?v=PSvGFCoOsqs

記事【井戸川裁判 第4回口頭弁論】
「私の自宅も放射能に不法占拠されている」。新弁護団で再開。
当時の双葉町長が決してやめない「けじめをつける闘い」
民の声新聞
http://taminokoeshimbun.blog.fc2.com/blog-entry-44.html

【報告】集会、学習会 

日時:2016年 4月20日(水) 10:00〜11:50

■東京弁護士会館にて原告井戸川克隆さん、今後の口頭弁論期日は決まり次第、ご連絡とさせていただきます。

※動画、記事をご参照ください。

【動画】緊急報告集会 井戸川裁判(福島被ばく訴訟)ご報告

【民の声新聞 2016.4.20】

http://s.ameblo.jp/rain37/entry-12152195369.html

【地震と原発】福島の汚染と被曝を繰り返すな。川内原発停めない規制委に怒りの声〜熊本地震

☆重要★井戸川裁判(福島被ばく訴訟)支える会よりお知らせ

 皆様、いつもご支援をありがとうございます。 実は急遽、下記のように変更が幾つかございます。 4月20日、東京地方裁判所103号法廷にて予定されておりました井戸川裁判「福島被ばく訴訟」第4回口頭弁論は、なくなりました。 今後の口頭弁論期日等については、新しい弁護団と協議中です。 また報告集会、学習会を衆議院第2議員会館にて予定しておりましたが、 場所と時間が変更となります。 参加を予定されていた皆様、集会へご参加頂ければ幸いです。

井戸川裁判(福島被ばく訴訟)第3回口頭弁論期日 報告

2016年 2月4日(木)

■約100名の方が傍聴に来てくださいました。
ありがとうございました!

第1回 井戸川裁判学習会 報告

日時 12月12日(土) 14:30 〜 16:45

■場所 大宮ソニックシティ 会議室708
■講師:井戸川克隆さん「訴追に至った経緯」
川根 眞也さん「隠された初期被ばく」

 井戸川裁判(福島被ばく訴訟)を支える会

共同代表のひとり、川根眞也さんのお話。福島第一原発事故当初の情報が隠ぺい・操作されたために、避けられたはずの強烈な被ばくを受け させられた事実。データを基に解説されました。

 

「井戸川裁判[その1]訴追に至った経緯」の冊子から、井戸川さんの裁判に懸ける思い、そして、裁判の難しさ、問題についてもお話され ました。

 

質疑応答。多くの方が発言しました。

井戸川裁判(福島被ばく訴訟)第2回口頭弁論期日 報告

2015年 11月19日(木)

■10時〜 開廷 東京地裁103号法廷
■11時〜 報告集会 弁護士会館5階

※11月19日第2回口頭弁論では、日頃からご支援頂く方、そして遠くは新潟県、長野県からも支援にお越し頂き、約100名の傍聴席は一杯になりま した。

20151119 UPLAN  第二回口頭弁論報告集会 (動画)


11月6日 井戸川裁判(福島被ばく訴訟)を支える会が発足しました

 井戸川裁判(福島被ばく訴訟)を支える会 11月6日15時30分から総会が始まりました。
参加者約130名。参議院議員会館講堂にて。
  井戸川さんが裁判への思いを込めて話します。町民からの自分への責任追求は逃げずに受け止める。しかし、嘘をつき、責任を取らない国・東電を自分は許さない。
11月6日【抜粋】井戸川裁判(福島被ばく訴訟)支える会結成総会・集会(動画)

井戸川裁判(福島被ばく訴訟)を支える会

呼びかけ人

秋葉 忠利(前広島市長)
阿部 憲一(広野町議)
石川 文洋(報道カメラマン)
伊藤 恭一(前埼玉県生協連会長)
NPO法人ファーム庄野 
加藤 真(ライブ&イベントカフェGrain 店主)
鎌仲 ひとみ(映像作家)
河合 弘之(映画監督・弁護士)
川崎 三木男(美術家)
神田 香織 (講談師)
轡田 隆史(元朝日新聞論説委員)
近藤 容人(刈羽村議会議員、ヨ近藤水産(行商)代表)
塩崎 雅一(三郷市在住)
清水 能親(ビキニふくしまプロジェクト) 
相馬 勉(臨床心理士)
ダニー・ネフセタイ(原発とめよう秩父人)
中川 浩(埼玉県議会議員)
野呂 美加(NPO法人チェルノブイリへのかけはし)
原田 二三子(広島市民の生存権を守るために伊方原発再稼働に反対する1万人委員会代表)
広瀬 隆(作家)
福島 みずほ(社民党副党首 参議院議員)
福田 芳久(派遣労働者)
本田 宏(NPO法人医療制度研究会副理事長)
松井 英介(医師)
三枝 三七子(画家・作家)
三上 治(「流砂」責任編集者)
水戸 喜世子(子ども脱ひばく裁判支える会 共同代表・荒浜仮訴訟原告)
宮瀧 交二(大東文化大学教授 歴史学)
宗像 良保
村上 達也(前茨城県東海村長)
矢ヶア 克馬(つなごう命ー沖縄と被災地をむすぶ会・共同代表)
矢間 秀次郎(映画「シロウオ」製作者)
柳田 真 (たんぽぽ舎)
矢向 由季(日本山妙法寺・尼僧)
吉原 毅(城南信用金庫相談役)

(50音順)
※現在も呼びかけ人は募集中です


井戸川さんのことば

活動報告写真

私は、今回の原発事故により、計り知れない被害を受け、数えきれないほど多くのものを失いました。
原発事故直後に大量の被ばくをしました。これにより、今日までの間、健康被害の恐怖や不安に脅え続けています。この恐怖は、一生涯にわたり続くものです。また、原発事故により、強制的に故郷を追われ、長期間にわたり不慣れな土地で避難生活を強いられています。避難生活の過程で被った苦痛は、筆舌に尽くしがたいものです。しかも、避難生活は、故郷に戻れるまでの間、半永久的に続きます。さらに、原発事故により、家督や故郷、仕事や財産、コミュニティや伝統文化、平穏な日常生活や自然環境、将来の夢や希望などが根こそぎ奪われました。私は、故郷を愛し、井戸川家を大切にするとともに、双葉町町長として、すべての町民が夢と希望を持って生活できるように、自己犠牲を払ってきたつもりです。しかし、今回の原発事故により、すべてを失ってしまいました。
今回の原発事故は、国や東京電力の落ち度による人災です。それなのに、国や東京電力は、何の落ち度もない私たちからすべてを奪った責任を取ろうとはしません。私は、国と東京電力に対し、被害の完全な回復を求めて、今回の裁判を起こしました。

(第1回口頭弁論 「原告意見陳述」冒頭部分より)
前双葉長町 井戸川克隆


contents

井戸川裁判(福島被ばく訴訟)を支える会

〒347-0055
埼玉県加須市中央2丁目7番6号

FAX 0480-53-5866