本文へスキップ

裁判資料report

第一回口頭弁論

活動報告写真

2011年3月に福島第一原発の事故が起きたとき、原発が立地する福島県双葉町の町長だった井戸川克隆氏が「被ばくと避難によって精神的苦痛を受けた」などとして、東京電力と国に1億4650万円の損害賠償を求める裁判を起こしている。その第1回口頭弁論が8月21日、東京地裁で開かれた。


井戸川前町長意見陳述等

(意見陳述書のダウンロード)

第1回期日意見陳述書

第2回期日意見陳述書

第3回期日意見陳述書1意見陳述書2

口頭弁論日時 資料タイトル ページ
第4回口頭弁論
 平成28年9月7日裁判資料
上申書 4
第5回口頭弁論
 平成29年1月18日裁判資料
原告第8準備書面 11
原告第9準備書面 22
原告第9準備書面の要旨 4
証拠
 乙イ6
 甲イ7
10
証拠説明書6 1
第6回口頭弁論
 平成29年3月22日裁判資料
原告第10準備書面 47
原告第10準備書面の要旨 5
証拠説明書7(甲ハ1〜甲ハ6) 4
証拠
 甲ハ1 原子力安全保安院
 甲ハ2 経済産業省
 甲ハ3 文部科学省
 甲ハ4 東京電力
10
証拠
 甲ハ5 原子力損害賠償紛争審議会 第9回議事録
 甲ハ6 第10回議事録
 文部科学省
51

井戸川裁判(福島被ばく訴訟)を支える会

〒347-0055
埼玉県加須市中央2丁目7番6号

FAX 0480-53-5866